豊胸手術が悩める女性を救う|バストアップも確実にできる人気の整形

女性的魅力を高める手術

女の人

術式の種類と利点を知る

乳房を大きくして女性的な魅力をより高められるのがバストアップ手術です。テレビで芸能人が手術を受けたことを話したり、雑誌で特集が組まれるなどして広く知れ渡り、今や美容外科における代表的な手術にもなっています。そのバストアップ手術について、興味を持っている場合は理解しておきたい知識もあります。その1つが術式の種類とそれぞれの利点についてです。現在のバストアップ手術は、美容外科クリニックごとに名称が違っていたり、術式が微妙に異なるといったこともありますが、大別すると3種類です。1つ目のバストアップ手術が、バッグプロテーゼ挿入法と呼ばれるもので、別名のシリコンバッグ挿入法の方がよく知られています。この術式はシリコンバッグを胸に挿入するもので、従来のバストアップ手術といえばこれが主流でした。バッグの中にはシリコンをはじめ、コヒーシブシリコンやハイドロジェル、生理食塩水などが使われています。骨格や体つき、乳腺の形などを参考に適切な形状に加工して、インプラントを胸に入れる手術です。バッグプロテーゼ挿入法は比較的インプラントの安定性が高く、効果も半永久的に続くという利点があります。2つ目の手術法が、脂肪注入法と呼ばれるもので、最近の美容外科ではこの術式を採用する所が増えています。臀部や太ももなどの脂肪を吸入して、それをバストに注入するため、バストアップとダイエットが同時にできるのがメリットです。最後の3つ目がヒアルロン酸注入法で、注射でヒアルロン酸を注入するだけでバストアップができる手軽さが利点です。

自由診療の点に気をつける

一般的な外科手術と違って、美容目的となるバストアップ手術は保険適用がされないことから自由診療です。そのため手術費用という面では高額になりやすいため、事前に手術費用の見積もりについて気をつけておくことです。また手術費用は術式によっても費用が大きく異なってきます。バッグプロテーゼ挿入法と脂肪注入法、そしてヒアルロン酸注入法の3つの手術法が現在の美容外科では主流です。このうちバッグプロテーゼ挿入法はシリコンバッグの挿入量が多いと一番高額な手術費用となるので注意しておきます。脂肪注入法も費用はそれなりに高いですが、ある程度挿入量が増えると、コスパ的にはバッグプロテーゼ挿入法よりも安くなりやすい傾向があります。ヒアルロン酸注入法は一番費用が安いため人気がある美容外科手術ですが、バストアップ効果の期間が限られている点に注意が必要です。またバストアップ手術は、担当する美容外科医の腕前が非常に仕上がりに影響するので気をつけておきたい点です。例えばバッグプロテーゼ挿入法による手術の場合、バッグの挿入位置によっては傷痕が残りやすくなります。そのためこの術式を選ぶ場合は、技術力の高い美容外科医の元で手術を受けるのが基本です。また美容外科医の審美的な考えについても注意して見ておくべきです。理想のバストの形は人それぞれなため、どういった仕上がりを医師が手術で行っているかを、症例写真やビデオなどを参考に知ることも、バストアップ手術を受けるにあたって重要です。