豊胸手術が悩める女性を救う|バストアップも確実にできる人気の整形

豊胸の術式

ブレスト

日常生活に支障が出ません

口コミをみていても胸が小さいという悩みを抱えている人は、想像以上にたくさんいます。戦後すぐの頃に比べると栄養状態が大幅に改善されたため、日本女性の体格がかなりよくなりました。若い女性の中には、欧米人並みのグラマラスボディの人もチラホラ見受けられます。しかし、骨格の関係もあり、全体的に見ると日本女性のバストは小ぶりになっています。たとえ小さくても母乳を分泌することはできますから、機能的には何の問題もありません。しかし、豊かなバストを女性美の象徴のように崇め奉る人が男女を問わず多いため、胸が小さいことがコンプレックスになってしまうケースが少なくありません。小さな胸をすぐに大きくしたいと考えているのなら、美容外科クリニックに行って胸にヒアルロン酸注射を打ってもらうとよいです。現在行われている豊胸手術は、大きく3種類に分けることができます。それは、人工乳腺バッグ挿入法・脂肪注入法・ヒアルロン酸注入法の3つです。この3種類の方法の中でバストアップ効果の持続期間が一番長く、なおかつ数カップ以上のバストアップにも対応しているのは、人工乳腺バッグ挿入法です。ただし、体にメスを入れて人工乳腺バッグを挿入するわけですから、術後すぐに普段通りに動き回るようなことはできません。傷が回復して状態が安定するまでにはだいたい1ヵ月近くかかります。脂肪注入法の場合も同様で、胸にメスが入るわけではありませんが、脂肪吸引した部位の傷の回復を待つ必要があります。ですので、仕事の都合等により術後すぐに普段通りの生活に戻りたいと考えている人は、体のどこにもメスが入らないヒアルロン酸注入法でバストアップするのが適しています。

豊胸効果

体を切らずにバストアップすることができるという理由で、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術が大人気になっています。いくら望み通りに胸を大きくすることができるといっても、体にメスを入れることに対して何も抵抗感を感じない人はまずいません。親からもらった健康な体に傷をつけてしまうわけですから、躊躇ってしまうのはごく自然な気持ちです。また、体を切る手術を受けてしまうと、後になってから後悔することがあったとしても取り返しがつかないという恐怖感があります。でも、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術であれば、そのようなことで頭を悩ませる必要がありません。何しろ胸にヒアルロン酸注射を打つだけで簡単にバストアップできるのですから、悩む理由など全くありません。おまけに、他の方法に比べるとリーズナブルな手術料金になっているため、口コミでの人気に拍車がかかっています。ただし、一つだけ忘れてはいけないことがあります。それは、ヒアルロン酸注入法によるバストアップ効果に永続性はないということです。胸に注入するヒアルロン酸の種類によってバストアップ効果の持続期間が変わってきますが、長く持ってもせいぜい3年程度です。ヒアルロン酸はアレルギーリスクが低く、とても安全性が高い物質である反面、少しずつ体内に吸収されていき、いずれ全てなくなってしまうという特性を有しています。ですので、バストアップ効果を長く持続させたい場合は、数年ごとにヒアルロン酸の追加注入を受ける必要があります。これをメリットと考えるかデメリットと考えるかは人それぞれですが、意外にもメリットとしてとらえている人の方が多くなっています。異物が体内に永久に残ってしまう心配がない、時間が経てばありのままの自分の姿に戻ることができるといった点が、多くの人に好意的に受け止められています。